印刷最適化ワークフロー

お客様のフレキシブルなご要望にお応えし、営業活動をサポート致します。

現在の印刷物に求められるモノ、その実現の為に

従来のマスマーケティングから、個人レベルにまで落とし込んだマーケティングが行われる中、お客様の販促物の1つである印刷物にも、多品種小ロットが求められています。この多品種小ロットをフレキシブルに実現するためには、印刷機をはじめとする設備環境と、従来とは違う多品種に特化したワークフローが必要です。弊社では、「oneflow」システムを用いて、ワークフローの最適化を実現しています。

求められる印刷物の様々な違い

個人レベルにまで落とし込んだ印刷物には、様々な違いが発生します。
お客様のフローは変えず、弊社が対応いたします。

発注ルール/フォーマットの違い

例えばDM送付の場合、運営しているECサイトのデータベースからエクスポートした送付先データ、社内営業が管理している顧客データから抽出した送付先データ、運営店舗の登録会員データから抽出した送付先データ等、同じ送付先データでもフォーマットがバラバラの場合があります。また、印刷データも直接担当に営業にお渡し頂く場合や、決められたサーバーにアップロードする場合等、様々な受け渡し方法があります。
弊社では、これらフォーマットの違うデータや、受け取り方法の違うデータを一元化するワークフローを実現し、お客様の出稿時の負担を最小限にすることを可能にしております。

印刷物の違い

印刷物はサイズ、色数(片面カラー/両面モノクロなど)、用紙種類、加工工程の違いがあります。
弊社では様々な仕様の印刷物を同じものでグルーピングすることで、生産フローの単一化を実現しております。
これにより仕様の違う印刷物でもスピードは速く、コストを抑えて提供することを可能にしております。

活用事例

セルフパブリシング本の制作

一般のお客様で電子書籍の紙本を1冊からご注文頂けます。
このとき、本のサイズ、色数、用紙のバリエーションは200種を超えたパターンが存在します。
1冊1冊のご注文をグルーピング化して単一フローにすることで納品スピードの向上と、コストを抑えた生産を可能にしています。


関連するサービス