広告メディア戦略

新規顧客獲得に使えるターゲット広告媒体

新規顧客獲得に使える
ターゲット広告媒体

昨今、単純なマス広告を使っても、よほどの有名ブランドで無いと効果は出ません。ターゲティングをこまかくしたくても、メジャーな誌面でのセグメンテーションは困難でしょう。そこで、ニッチなターゲット向けに発刊している雑誌や新聞などへの媒体を、弊社が調査してご提案ができます。

ターゲット例

  • ターゲット:ファミリー
  • エリア:大阪府
  • 広告実績:スクール

ご紹介できる媒体例

  • 泉北コミュニティ誌(約6万部)
  • 東大阪の地域密着情報誌(約15万部)
  • 大阪市内の主婦によるコミュニティ新聞(約6万部)
  • 天王寺動物園情報誌(約10万部)
  • 阪神エリア向け女性30〜40代主婦情報誌(約17万部)

ユーザーの関心度によって
使い分けるインターネット広告

昨今のインターネット広告は、顧客との距離感によって使い分けられる時代になりました。大きくは、商品やサービスを殆ど知らないターゲット、潜在的に知っているターゲット、顕在的に知っているターゲットに分けられると思います。お客様の広告戦略に応じたご提案ができます。

商品やサービスを
殆ど知らないターゲット

  • バナー広告、テキスト広告、メール広告など
  • ブロガー等へ依頼する記事広告など

潜在的に知っている
ターゲット

  • リスティング広告
    (ビッグワード)
  • Facebook広告、Twitter広告など
  • コンテンツ連動型広告

顕在的に知っている
ターゲット

  • リスティング広告
    (ミドルワード、複合キーワード)
  • リターゲティング広告

関連するサービス