折込チラシ戦略

 

地域に密着した折込チラシ戦略

折込チラシの最大の強みは、地域に密着した情報発信ができる点です。発信する内容がその地域に人々に有効な情報であれば、確実なレスポンスが見込めます。近年は事前に地域特性を分析し、有効なエリアに絞って折込を実施するケースが増えてきました。弊社はGIS(地図情報システム)を活用して、最適なエリア提案をいたします。

ポスティングとのハイブリッド戦略

折込チラシの配布エリアは、それぞれの持ち部数が設定されております。世帯数に対して持ち部数が少ない場合、新聞そのものを取っていない傾向があると言えます。持ち部数の少ないエリアに対しては、ポスティングを使い分けて配布することをお勧めしております。

消費者分類データベースで「攻め」のマーケティング

消費者分類データは、日本の全町丁目レベルをライフスタイルの観点からグループ、タイプ、セグメントで分けられております。顧客データや購買データからでは把握しにくいライフスタイルですが、このデータを使うことで顧客を居住地情報からセグメントできます。それにより、今まで取り組めなかった新規エリアでのチラシをしたり、休眠顧客を効果的に掘り起こしたりできます。


関連するサービス